DX推進に活用できるおすすめIoTソリューション3選!

なぜDX推進にIoTソリューションを活用するのか?

デジタル・トランスフォーメーション(DX)はICT化・情報システム化と異なり、ビジネスモデル(利益を創出する製品やサービスに関する事業戦略および、その収益構造を示します。)・ビジネスソリューション(企業が追求する課題・要求を包括的に解決していくステップを示します。専門的なコンサルティングの豊富な知識を取り入れて組織・団体・企業が全体で取り組む事業のイノベーションを示します)を変革・改革することです。現在の日本は生産労働人口(生産活動に従事できる年齢の人口を示し15歳~65歳未満の方です)の減少が顕著です。国内産業は特に人材不足が深刻です。外国人労働者の支援を受けないと業界の存続が厳しいと言われています。上記の背景からデジタル・トランスフォーメーション(DX)を活用したIoTソリューションを導入して、生産性向上・業務標準化をすすめています。

DX推進に活用できるおすすめIoTソリューション3選!

DX推進に活用できるおすすめのIoTソリューションの普及は、コンシューマー向けよりもビスネスユースのクラウド型のネットワークシステムの導入が進んでいます。コンシューマー向けのIoTの流通が進んでいない訳ではありません。大手家電量販店では特設コーナーを開設しています。

しかし、「DX推進」を活用したIoT導入は、ビジネスユースのシステムがスタートしています。これからビジネスユースの「DX推進」に活用できるおすすめのIoTソリューションを3つご紹介します。

「スマートマットクラウド」~最新の在庫管理システムのDX化~

東京都品川区の株式会社スマートショッピング(URL:https://www.smartmat.io/)社製の「スマートマットクラウド」を紹介します。

「スマートマット」は製品・商品の体重計と捉えてください。「スマートマット」を製品・商品の下に置くだけで在庫管理ができるIoTソリューションです。

キャッチコピーは「最新の在庫管理DXです」「あらゆるシステムと連携可能です」「特許登録済!スマートな在庫管理です」「簡単導入で在庫確認の常識を変えます」です。

「スマートマット」はタブレット端末型のIoTデバイスで、製品・商品の下に置くだけで在庫管理ができます。「スマートマット」はA3、A4、A5の3サイズがあり、1g単位で100㎏まで計測が可能なデバイスです。コードレスで電源は単3電池4本です。

クラウドシステムと2.4GHzによるワイヤレス通信で連携します。倉庫・工場などで利用することを前提に「耐久性」「防滴仕様」になっています。

「スマートマット」導入には3つのメリットがあります。

  1. 「載せるだけの簡単運用」・・・製品・商品を「スマートマット」に載せるだけで仕掛品や部品などの在庫数を数える作業がなくなります。
  2. 「在庫残量を自動記録」・・・部材に「スマートマット」を載せておくだけで、定時に自動カウントして記録・送信します。
  3. 「減った在庫を自動注文」・・・稼働率の高い部材在庫は自動発注します。発注工程に業務時間を掛けずに済みます。在庫管理・葉発注管理を自動化する「DX」機能を搭載したIoTソリューションと言えます。

「COLMINA工場最適化ダッシュボード」~工場全体の生産状況を可視化~

富士通株式会社(URL:https://plm-biz.feast.fujitsu.com/solution/colmina_idb.html)と株式会社リコー沼津事業所は共同で、工場の生産状況を可視化する「工場全体生産状況可視化システム」を開発しました。

リコー沼津事業所は「重合トナー(プリンター装置の印刷用のトナー)」を生産しています。工場敷地内では原材料や製品がタンク・配管・加工機内を流れており、外観から状況を把握できませんでした。

設備センサーからサンプル検査を行い製品の状態を管理していましたが、多数の設備センサーからのサンプル検査には多くのマンパワーが必要でした。この非効率な工程を自動化するため、富士通社の工場可視化ソリューション「COLMINA工場最適化ダッシュボード」を導入しました。

IoT機能を実装した設備センサーデバイスを導入して、工場全体の生産状況可視化システムしました。タブレット端末から、場内にいなくとも状況確認ができるようになりました。

工場内工程を可視化する「DX」機能を実装したIoT設備センサーデバイスが効果を発揮しています。リコー社は他の事業所への展開を検討しています。

「IoT 活用で超省力化と高品質生産を実現したスマート農業」~24時間365日のデータ測定とリスク管理が可能に~

東京都品川区の大崎電機株式会社(URL:https://farmwatch.jp/)社製のスマート農業を実現する「ファームウオッチ」を紹介します。

現在、国内の農業は従事者の高齢化、後継者不足、時給200円に満たない過酷な労働環境の問題があります。その問題を解消するために、IoTデバイスやロボット技術を活用した「スマート農業」が始まりました。

「スマート農業」はIoT機能を実装した中央集約装置・環境センサー・CO2センサー・土壌センサーを組み合わせて構成されています。

メリットを紹介します。

  1. 「低コスト・短期間導入」・・・IoT機能を実装したセンサーを農業ハウスに設置することです。面倒な配線敷節作業がありません。上記センサーは温度・湿度・照度を瞬時に計測します。機器を設置した日から、農業ハウス環境の可視化が開始できます。
  2. 「リアルタイム監視」・・・IoT機能を実装したセンサーで農業ハウス内全体をリアルタイムで監視できます。さらにタブレット端末で遠隔確認や操作制御ができます。
  3. 「GAP申請対応」・・・GAPとは「品質」「安全性」「環境配慮」などの農作物に認められる規格です。都道府県に提出するGAP認証申請書類に対応しています。

「DX」の推進によって超省力化や高品質生産を実現し、労働環境・収益性改善を担っています。さらに、最新のIoTを設置して24時間365日のデータ計測・収穫量の予測と病害リスク予想が可能になりました。

まとめ

IoTソリューションは、遠隔操作ができるエアコン・ホームセキュリティー・スマートスピーカーなどのコンシューマー向け製品をよく見聞きします。「DX推進に活用できるIoTソリューション」は法人向けが多いようです。DXの目的はビジネスモデルの変換です。今後もIoT機能を実装したデバイスが「DX」を推進するツールになることでしょう。

DX化初回無料コンサルティング受付中!

当メディアを運営するクラスフォックスは、DXプロジェクトに関する多くの実績があります。

一言でDXといっても多数の技術要素が絡み合います。
ツールの選定から開発運用までIT部門以外の各部門との調整も多いです。

これまでのシステム開発と同じではないことを私たちは経験しています。

ビジネスのDX化でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。我々の知見を共有いたします

 
お問い合わせはこちら